言い訳は人生をおいしくしてくれる味の素

今夜の名言

適度な言い訳は人生をおいしくしてくれる味の素みたいなものだ。つまり言い訳(自己合理化)とは、悩み多き現代社会で、心折れずに生かしてくれる最後の砦なのだ。

『今日も言い訳しながら生きてます』(ハ・ワン/イラストレーター)

イタタタタタ……。朝起きると、鈍い痛みが腰とお尻あたりに走って立ち上がれない。そうだ、昨日の仕事中、重いものを運ぶ動作のたびにジーンとした痛みがあったんだっけ。

今日の仕事、どうする? 休む?
人数が足りないし、やっぱり無理して行く?

すごい葛藤が頭の中をグルグルとまわっている。とりあえず、家族のお弁当(4つ)作るのは無理だからあきらめて……。

当日欠勤をすることは滅多にないので、「休みます」の電話に勇気がいる。最近、新人さんが辞めたところで、シフトにも余裕がないし、どうしよう。

枕元にあったのは、この『今日も言い訳しながら生きてます』の本。脱力系のイラストが「もう、休んじゃえよ」と言っているようにみえた。

背中を押され、携帯電話を手に取る。震える声で申し訳なさそうに、「すみません、今日、休ませてください」と。

おぼろ月

ありがとう、ハ・ワンさん。わたし、また、あやうく頑張りすぎてしまうところでした~

この本は、つい頑張りすぎてしまう人たちに読んでほしいです。わたしのココロに響いたエッセイを、いくつか紹介します。

あやうく一生懸命生きるところだった

この本の著者は、韓国のイラストレーター(今はエッセイストでもある)ハ・ワンさん。『あやうく一生懸命生きるところだった』が日韓40万部突破のベストセラーになりました。

40歳を目前に頑張ることをやめた著者は、会社をやめて自分の好きなことだけをして生きる道を選びます。これは「頑張らなくても生きていけるのでは?」という人生の実験でもありました。

彼の2冊のエッセイ本を読む限り、頑張らなくても生きていけるようです。何とかなる、ケセラセラ♪

(Amazonストアより引用)

もちろん、夢に向かって必死に頑張る人生もあります。戦って、傷ついて、また這い上がってという一生も、見ている分には映画のようで感動的。

でも、何のために頑張っているのか、わたしはこれで幸せなのか、立ち止まってみる時間も必要ですね。自分だけじゃなく、ファイティングポーズで忙しくしているわたしの周りに、笑顔の人がいるのかな?

おぼろ月

わたしの場合、頑張りすぎて寝込んでしまうことが多いです。そして、家族に迷惑をかけてしまう。倒れちゃう頻度が多いので、もう心配もしてくれません……

一部の人は好きなことをしてダラダラしている相手に対して、肯定的な気持ちは湧かないようです。自分はこんなに頑張っているのに、アイツは何だ? ヘラヘラしやがって! 楽しく遊んでいるなんてけしからん、と。

ハ・ワンさんの一作目のエッセイは共感を呼びましたが、否定的なレビューもあったそうです。人を否定する言葉には破壊力があり、とても傷ついてしまった彼。でも、開き直って、苦境にまみれて生きるべきと信じている人たちに、こんな言葉を贈っています。

だったらずっとそうやって生きてろ。ほんの少しの言い訳も許さず、自分の人生とガチンコで向き合って戦い続けたらいい。そして、絶望してろ

誰にも認められなくて結構です

彼のもとに、子どものころに付き合いのあった人から電話が掛かってきました。「結婚はしたのか?」「どこの会社だ?」などの質問に答えているうち、相手のがっかりした様子が伝わってきたといいます。

成功すると思っていた相手の人生が、実際にはうまくいっていなくて残念に思われたのです。

でも、彼は今、楽しく生きています。周りから見て、成功者と思われなくても、ダメな人生を歩んでいると感じられても。

人から認められることばかり望む人は、結局、人に振り回されてしまう可能性が高い。さらにもっと広く、世の中から認められたいと思ってしまったら……そのときは世の中に振り回されてしまうだろう

戦い続けるとキリがないだろ?

もうひとつ、彼のエッセイでココロに刺さった章があります。

彼が大学生のとき、ディベート(討論)の授業がありました。ある日のお題は「難民問題」。「もし韓国に難民が押し寄せたらどうするか?」というテーマで、賛成・反対に分かれて討論をするというものでした。

彼は反対の側について相手を説得するのですが、ディベートが白熱して険悪な雰囲気になったそうです。自分がいかに正しいかを証明するために、最後は相手に「現実的な問題に目を背けたまま、いい人のふりをしようとする理想主義者ですね」という非難を浴びせてしまったとか。

そして、家に帰ってから「なんのために戦ったのか?」と気持ちの悪さが残っていたのだそう。難民の受け入れを拒否されて、ボートの上で息絶えた人の写真を見て胸を痛めたこともあったのに、どうして必死に抗議をしたのだろう。

『ただ言い負かしたいだけだったのだろうか?』

その経験がきっかけで、彼は相手の考えに耳を傾けられるようになりました。

星の数ほどの考えや理解が絶え間なく衝突する戦場が、僕らの人生だ。間違いなく僕やあなたは、だれかにとっては理解できない変人なのである

好きなことをして生きていきたい

さて、わたくし事に戻りますが、「明日も仕事を休むように」と職場から連絡がありました。ちょっとした時間ができて嬉しく感じる反面、ちゃんと病院に行って治さなければ、と何とか通院。診断結果は「椎間板ヘルニア」らしいです。

体力勝負の仕事柄、肩や腰の痛みに耐えるパートさんが多い。「わたしヘルニア持ちなのよね」という人、手術をした人もいます。ついに、わたしも仲間入り……。

あぁ、家にいながらにして収入を得ることはできないものか。真剣に悩むときがきました。ハ・ワンさんのように、自由に、好きなことをして生きたいけれど。今月の子供の塾代はだれが払ってくれるのか。うむむ……。

おぼろ月

すぐに仕事を辞めることはできないけど、「休みます」と電話をかけて“頑張りすぎない第一歩”を進めた自分、褒めてあげよう!
人間には、心おきなく休息できる場所が必要だ。
思いきり家でリラックスできる今はどれだけ幸せかわからない。それくらいで幸せを感じるなんて、なんてお手軽なやつなんだろうか。
まあ、そんなことはどうでもいい。
僕は今日もずっと家にいるつもりだ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
一作目『あやうく一生懸命生きるところだった』もオススメです。

◆参考文献
『今日も言い訳しながら生きてます』(ハ・ワン=文・イラスト/岡崎暢子=訳)

◆著者について
本業はイラストレーター。イラストだけでは食べていけないとエッセイを書き始める。さまざまな本にイラストを提供しながら、エッセイ『あやうく一生懸命生きるところだった』を書いた。イラストよりエッセイのほうが売れて若干複雑だが、それでも生きていけているからありがたい。かくなる上は、書き続けるのみ。怖いもの知らずで2冊目を上梓してしまう。(本書より)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA