日本中から笑われた夢がある

今夜の名言

「作る」とは何か? 「完成」とは何か? 僕は、制作活動の終わりの地点を「完成」と呼ぶのではなく、制作物がお客さんの手元に届くまでの動線を設計し、お客さんの手に届いた地点を「完成」と呼ぶことにしました。

『ゴミ人間』(西野亮廣/芸人・絵本作家)より

西野亮廣さんが原作・脚本・製作総指揮を務める『映画 えんとつ町のプペル』が大ヒットしました。日本アカデミー賞・優秀アニメーション作品賞受賞も話題になりました。

『ゴミ人間』というエッセイ本は、映画公開に合わせた広報活動として執筆されたそうです。彼は公開1ヶ月前という寝る時間もないほど忙しいときに、何とか作品を宣伝をしようと執筆や広報活動をしていたのです。

おぼろ月

本書ではビジネス的な広告戦略について、具体的な方法論も出てきます。でも、わたしが心を打たれたのは、彼の作品への愛情でした。

「作る」という言葉の意味

漫才師としてレギュラー番組に出演したり、M-1に出場したりと忙しく活動していたころ、西野さんは先の見えない「絵本作家」としてのスタートを切りました。

多忙な中でコツコツと制作を進めて、4年以上の月日を費やして描いた処女作『Dr.インクの星空キネマ』が完成。これで世間に認められる・報われると考えていたそうです。

でも、売り上げ部数は2万5000部ほど。2作目も3作目も、同じような結果に終わりました。

ただ、ここで彼が気づいたのは、作品を「作った」だけで届ける努力をしなかったこと。どれだけ素晴らしい作品を作っても、それがお客さんに届かなければ、何も伝えることができません。

そうして彼は「売る」ことに真剣に向き合うようになりました。

絵本を「おみやげ」にすればいい

西野さんは自分が買う側になったとき、自分が買ったことがあるもの・ないものを書き出して整理しました。すると彼自身、本や音楽など「作品」と呼ばれるものをあまり買っていないことに気づいたのです。

生活必需品は買うけれど、生きていく上で必要ではないものは買わない。彼の生み出した「絵本」は、生活に絶対必要なものではないのです。

ただ、必需品ではないのに売れているものがあります。彼自身「おみやげ」に関しては、観光地に行ったときに購入していました。(普段の生活には必要ないキーホルダーや旗、提灯など)

そこで、「個展会場のおみやげ」として絵本を会場の入り口に置いてみたところ、飛ぶように売れたそうです。

おぼろ月

確かにっ! わたしも美術展に行くと、使いもしない絵葉書を何枚も買ってしまいます……

話はそれますが、先日、旦那さんが仕事でUSJに行き、家族(妻と3人の子供たち)に1個1500円以上もするキーホルダーやマグカップやボールペン等を買ってきました。

「高いなぁ。無駄遣いじゃないの?」と内心ムッとしましが、家族への愛情表現として「おみやげ」を購入する、旦那さんの気持ちも大切にしたくなります。戦略ですね~。

日本中から笑われた夢がある

「ディズニーを超えたい」と言ったら、日本中から笑われました。とても悔しかったことだけは記憶しています。笑われたことが悔しかったわけではありません。日本人が、世界を競争相手から外し、それよりもずっと下の世界で生きることで話を進めていたことが、悔しくてたまりませんでした。 『ゴミ人間』(西野亮廣)より

彼が「絵本作家になる」と決めたとき、周りから批判を受けることが多くありました。笑われたり、叩かれたりする場面も、そう遠くない記憶に残っています。

彼の想いが書籍やユーチューブなどで発信され、映画が上映され、たくさんのお客さんに届いたとき、感動が生まれました。

ただ作っただけでは何も始まらない、多くの人の手に届いたときにドラマが起きるんだ、と感じました。

おぼろ月

作品を子供のように大切に育て、巣立っていくまで責任を持つ姿勢がステキです。わたしも恐れないで、アクションを繰り返していきます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

◆参考文献
『ゴミ人間』(西野亮廣・にしのあきひろ)

◆著者について
1980年生まれ。芸人・絵本作家。99年、梶原雄太と「キングコング」を結成。人気絶頂の2005年に「テレビ出演をメインにした活動」から軸足を抜くことを決意。09年に『Dr.インクの星空キネマ』で絵本作家デビューを果たす。16年に発表した絵本『えんとつ町のプペル』は累計発行部数50万部超のベストセラーに。20年12月公開予定の映画『えんとつ町のプペル』では原作・脚本・制作総指揮を務める。現在、有料オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』を主宰。会員数は7万人を突破、国内最大となっている。(Booksデータベースより)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA